So-net無料ブログ作成
2018-08-19  category:  生活の雑記

[雑記]ビオトープにも酷暑


今年はじめてビオトープつくりにチャレンジしました。

4月に引っ越し。
片づけも終わって、おうちの味付け段階(*'▽') 
花の鉢を買ったり、いろいろといじりたい時期でした。

のんびりとした田舎ムードの今の家。部屋も広くなったし。
昔から湖や川が好きで水辺からは癒しのひとときをもらえます。
水辺と緑・・・
素敵に決まってる!

もっと早くビオトープを知っていたら・・と思いましたが、少しずつ調べ始めました。






タイ 蓮
タイへ行ったとき寺院にあった蓮の壺 涼し気(ΦωΦ)



hotel_tai.JPG
同じくタイのホテルにて。
ロビーにあった蓮の壺 ボケてる(´▽`) '`,、'`,、
かなり前の旅でビオトープなんて知らなかったころ。
水と蓮は印象的で素敵でした。





6月から試行錯誤して約2ヶ月。

ビオトープ=生物生息空間 として、
”生態系を作る多種の生物がつながりあう水辺” (●^o^●)

そんな 夢半ばで破れました・・
猛暑、酷暑、アツーイ埼玉!! (;ω;)
今の時期にメダカさんを迎えられなかったら
来年の準備をしたほうがよさそうです。

今年の6月初旬から準備と下調べ。
頭のなかは夢のような光景が。
ゆらゆら 揺らぐ水草や浮草。
ひょいっと 顔を出したメダカがすーいすい。

生き物を育てる環境作りなのに、涼し気で癒されることばかり・・
初心者にありがちですね。。
来年ちゃんと達成できるよう地道に勉強したほうが良さそうです。



☆ダメだったことをメモを残そうと思います。
・ビオトープの準備やメダカちゃん参加は春から
・ベランダビオトープのルールは?環境を知らねば
・姫スイレンはなぜ咲かなかった?
・増えて困るほど丈夫なホテイアオイが枯れた(TДT)




これまでに参考にしたサイト
メダカビオトープノートパソコン作り方
https://happamisaki.jp-o.net/biotope/biotope1.htm
ビオトープのつくりかた
https://bio.kamujp.com/
スイレンの育て方
http://www.komeri.com/howto/html/00930.html
メダカを飼う時期
http://tora15433.com/archives/10568952.html
暑さ猛暑の管理
http://tora15433.com/archives/10568952.html














ビオトープについてはこーんな素敵な鉢を夢見ていたのに。。
猛暑にベランダビオトープ・・甘く見ていた。






ビオトープの準備やメダカちゃん参加は春から。


あきらめない、あきらめたくない。
いろいろやってみた
だけど、毎日の灼熱地獄の中、ほかに何ができよう!?

救いを差し伸べてくれる記事に出会いました。
”メダカをビオトープに放すのに最適なのは5月”

そうだ。
メダカには卵を産む時期があるんだもの。それに合わせるのが当たり前。
無理はかわいそう。
今残っている水草などがそのまま冬を越せるかを考えよう。







ベランダビオトープのルールは? 環境を知らねば



IMG_3500.JPG


うちは最初に16インチの睡蓮鉢を購入。
最初は値段が高くてもかっこいい陶器の鉢にあごがれたのだけど
庭に設置するのじゃないし。
ベランダだと移動する可能性があり、重いのは手に負えないことも・・
とのことでプラ製にした。
安い鉢でスターターキットとしても。







この鉢に一旦姫スイレン、浮草などを設置。
水は日に当ててカルキ抜きを一応したくらいで、けっこうアバウトに。
試行錯誤と思い、、
 
数日後、びっくりしたことにぜっかく園芸店で購入した
姫スイレン(花のつぼみ2つあった)のつぼみがあっという間に枯れてしまった。
2つともでかなりショック(;ω;)
週末ドライバーならぬ、週末園芸活動では対処が間に合わなかった。
かわいそうなくらい、葉っぱも枯れてきて(;-ω-)


あとで調べてわかったことですが(たぶん)
スイレンの根の部分と水面までの水の深さが10センチ以下になっていたから?
スイレンの根っこは太陽に当たりつつ、水の中10センチ~15センチがよい。
深さのある鉢に替えるか、スイレンを鉢ごと入れているので
スイレンの根の位置を低くするようにスイレン鉢植え替えるか。



IMG_3503.JPG
まだ元気だったホテイアオイ。
姫スイレンの花のつぼみはなくなって葉っぱだけに。


2個使いで後から購入したプランターにスイレン鉢を中心に設置し直し。
あと、最初の鉢の時、底の砂とか土のことを忘れちゃっていた(ありあわせで済ませた)(ΦωΦ)ので
新たに砂利を購入して入れました。

ここけっこう重要◎、初心者にはわからないことだらけ( ゚Д゚)ハァ?
全部水まで張ってしまったら、やり直すの大変。。
なんの土を入れるか、砂・砂利にするかは育てたい生体にもよるようなんですが
水が濁るか、メンテナンスのしやすさ、バクテリアの発生(エサ、環境)など
関わってくるんですよね。
(何がいいとか、いろいろ書いてあって難しい。何に対していいの観点もあるか)

私の練習ビオトープは猛暑になってきてしまったこともあって、
とりあえず調べながら、メダカを迎える場合は再度環境を整えようと思っていました。
要はそれどころじゃない気象状況で(;ω;)



IMG_3508.JPG
あんあんが興味津々。










姫スイレンはなぜ咲かなかった?


スイレンの花は実はけっこう咲かせるのが難しいのだとか。
咲いている鉢を買うのも一手かも(初年度)
私の場合は、深さが足りなかったというほかに
悩んでしまったのが6月下旬くらいの猛暑前。


姫スイレンの花を咲かせるには直射日光が必要。
他の多数の水草やメダカには午前中日光があたり半日は直接あたらないほうがいい。

こーいうのベランダでどうしたらいいの?と
ひとまず「すだれ」のサイズ違いをいくつか買ってきた。

しかーし、途中で気づいたが、直射日光よりも強敵がベランダにはいた。
次で一緒に書きます。










増えて困るほど丈夫なホテイアオイが枯れた(TДT)



IMG_3581.JPG
ほとんどなくなった水草&浮草(TДT)ハ
無残。。



sui.jpg
上から。
かろうじてスイレン鉢は残っているけど
購入時より葉っぱも小さくひょろひょろ。スカスカ。



ao.jpg
ホテイアオイは熱を伝えにくいという発砲スチロールへ避難(遅すぎた)。
ほとんど茶色になって枯れてしまっている。
茶色くなって枯れているが、実際は腐っているようにぐにゃぐにゃ。


強敵。
それはエアコン室外機の熱風と、コンクリート床の熱(照り返し)。
ベランダビオトープの環境を知れ!ですねー
試行錯誤しているうちに、台風だ、連続猛暑日だと体力を奪われる日が続き
このような問題をクリアしたとしても季節が秋になっていそう・・ということに気づいたわけです。

無理くりお仲間に入れてメダカさんにかわいそうなことしてしまってはいけない。
うちのベランダの環境。
室外機がベランダから外向きではなく、ベランダ内向き(;ω;)
取付位置の関係で、ベランダの真横に設置され、ベランダ内に排気される。


全力で植物や睡蓮鉢に向かって猛風が(TДT)



ねこは熱風の当たる前にごろんしたり(ΦωΦ)
クーラー嫌いなのね。うちはうさ優先。

コンクリート床は、発砲スチロールの上に置くとか対策はできる。
「室内で」という選択もないではない。
でも無理せず来年、なんとかがんばりたい(*'▽') 



今年は完成させられませんでしたがうちのあんあんはとても喜んでました。
猫窓から見るベランダの水辺は気に入ってくれたよう。

毎朝、「外に出る」大騒ぎ。










まだあきらめません



IMG_3599.JPG

憩いのためにもミニミニ水辺をお部屋につくりました。
益子焼の水辺に苔玉益子焼添え。
けっこう満足できます(笑)
















 


共通テーマ:blog
pagetop