So-net無料ブログ作成
2019-06-13  category:  生活の雑記

[雑記]ビオトープにも酷暑




kit32.gif
去年トライしたビオトープに惨敗(酷暑など)してから
現在までいろいろやってみたことを書いています(*'ω'*)
  ↑  過去から現在




 

attachment00.jpg
店先にビオトープの鉢を見つけて
やっぱいいなーと思う次第。。

 


attachment01.jpg
こんなにたくさん。。いいなー
地べたがなきゃいかん('A`)

北の国から
「五郎、地べた離したらおしまいだぞ。」
--五郎さんが(大滝秀次さん演じる)北村清吉のおっつあんに諭されるの巻。。





attachment02 - コピー.jpg
メダカちゃんが・・すぅーいすい♪
お水きれいにしてねー⋈◍✧♡
鉢というよりカメ。シンプルです。ホテイアオイ。

わたしなんかごちゃごちゃ入れてしまいそうだけど
水がたくさん見えて涼し気です('ω')








   2019.6.4 update

 ビオトープは・・まずはウッドデッキを


その後、ひとまずウッドデッキを購入しました。
ビオトープはやっていないけど、ガーデニングの鉢も去年ダメにしてしまったし
あんあんがベランダ活用しているので♪

wood1.JPG
wood4.JPG
こんな感じ。
完全に敷き詰めるにはサイズが合わなかったので要所が埋まるくらいの感じで。
35センチ四方のを18枚購入。
少しせこく敷いて、玄関にも3枚。
玄関のシューズボックス&そこについてるミラーが奥まっていて
都度サンダルとか履くのが面倒で('A`)、ミニ渡り廊下がほしかった(*'ω'*)



wood3.JPG
敷き詰められなかったコンクリート部分を利用して
木陰気分を味わっているらしい?





※ウッドデッキは1枚350円のを購入
ポイントがあったので、1000円ほどでGET。




急に暑くなった5月の日
家に帰ったら紫陽花が死にそうになっていた・・たった一日で!
まぁ、エアコンつけて出かけてしまったけど(動物用)
(なんとか復活・・)


慌ててとりあえずの対策に
wood2.JPG

もう すだれ kit32.gif




sui.jpg
そして、ひとまずの対策として去年ビオトープで使用していた
プラのプランターに余っていた100均のワイヤーを立てて
さらにすだれを立ててエアコン室外機から少し離して置いた。
→熱風がベランダ内に直接当たらず、少し分散されるように・・



・・その後、とっても重要なことに気づきました。


うち、エアコン2台あるじゃん?
もう1台の室外機はベランダじゃないところに設置してある
別のエアコンをつけて出かければいいのじゃ?


がーん。
きづくのに1年以上かかった(・・;)



たしかにベランダに室外機のあるエアコンのほうが有効に働くのだけど
ヤツらが移動してもいいように戸は閉めずに使っているから
どちらでもよかった。。



ビオトープ 今年いけるかしら!? hana2.gif












   2019.5.19 update


 今年のビオトープはどうなる?


埼玉の陽の当たるベランダで
ビオトープは無理??
去年の夏は試行錯誤2か月・・
下の方に去年のチャレンジと玉砕の様子を簡単に書いています。


うちは暑さで有名な熊谷ともさほど遠くなく
夏はめちゃ暑い!!
去年の4月に引越し、動物とまだ環境に慣れきってない5月に
もう暑くなり始めていた(去年の酷暑)
今年は去年ほどの酷暑にはならないというけれど・・


今年の4月はじめ、まだ寒さも少し残るころは
”暑い”という感覚も忘れ、ネットで陶器の睡蓮鉢を眺めては
また夢が膨らんで(≧▽≦)
ネットで買う前に近くの大型園芸店に行ってみたものの
ビオトープ用の植物もまだなく、メダカちゃんが売られていた。


ビオトープ・・と言ってはいるけど
私の場合、メダカちゃんメインというより
スイレンとか蓮を水の中に浮かべたい♪



タイ 蓮
(下にもあるが)タイで見た私の中の蓮のイメージ。
見学に行った寺院で。



いきなり始めるのではなく
去年わかった改善点を先に・・と
思い出したら気が重くなった('A`)




IMG_4471.jpg
お昼寝するあんあん

ベランダがお気に入りというより
最近はベランダで過ごしたい
用があれば部屋に戻る・・方式にしたい様子
お外が気持ちいいのはわかるけどねー




 頭ひねって考えた

☆改善すること
うちは一階。
ビオトープでもガーデニングでも水が漏れる心配はない。
ひとつはコンクリートの床が夏にとても暑くなる。
・全体にウッドデッキ(パネル)などを敷く
・ビオトープや植物の上だけでも、台やウッドデッキ(パネル)を敷く
試しに100均のウッドデッキを少し買ってきたら
あんあんはその上に乗ってる( ゚∀゚)
100均のだと、人間が乗るのはダメなので買うとなると・・はぁ



××最大の難関
エアコンの室外機がベランダ内に向かって通気口あり。
この写真の左端にエアコン室外機があり、植物側に温風→熱気(-_-)
これはいろいろ調べたのだけど、いろんな説があって
ひとまず通気口をふさぐのはよくない。
通気口の風の向きを斜め上とかに向けるパネル的なものを
つけるとか・・大がかりで賃貸でそこまで?



どっちにしてもお金かかりそう(;'∀') 
・コンクリートの地熱対策しつつ
・できる範囲で室外機の排気をやわらげる
  →いろんな説があるが、20センチくらい離して植物を置くとか
・その他、すだれ、シェード、水撒き(1階なら)などの工夫

ダイキンさんの説明だと
https://www.daikin.co.jp/setsuden/home/summer/outside.html
・室外機を(すだれなどで)日陰にする
・少し離れたところに植物を置く(防風林的?)
は有効のよう。節電にも。



一番いいのは?
いろいろな工夫をした上で
★どーしても暑い時期は室内に置く
このあたりも日光の確保と、鉢の重さがあるから
様子を見ながら外と中に置くものを分けて一部を別の鉢にするなどが必要?



今年ウッドデッキを買って
ビオトープや陶器の睡蓮鉢は来年? 笑。



やはり陶器の鉢がほしい。
スイレンを入れると深さ最低20センチはほしい。
こんな感じの。
もっと軽いのじゃないとダメかなー
でも陶器は水温が上がりにくいとか・・










   2018.7.30 update

 ビオトープにチャレンジ!



今年はじめてビオトープつくりにチャレンジしました。


4月に引っ越し。
片づけも終わって、おうちの味付け段階(*'▽') 
花の鉢を買ったり、いろいろといじりたい時期でした。

のんびりとした田舎ムードの今の家。部屋も広くなったし。
昔から湖や川が好きで水辺からは癒しのひとときをもらえます。
水辺と緑・・・
素敵に決まってる!

もっと早くビオトープを知っていたら・・と思いましたが、少しずつ調べ始めました。




タイ 蓮
タイへ行ったとき寺院にあった蓮の壺 涼し気(ΦωΦ)



hotel_tai.JPG
同じくタイのホテルにて。
ロビーにあった蓮の壺 ボケてる(´▽`) '`,、'`,、
かなり前の旅でビオトープなんて知らなかったころ。
水と蓮は印象的で素敵でした。



6月から試行錯誤して約2ヶ月。
ビオトープ=生物生息空間 として、
”生態系を作る多種の生物がつながりあう水辺” (●^o^●)

そんな 夢半ばで破れました・・
猛暑、酷暑、アツーイ埼玉!! (;ω;)
今の時期にメダカさんを迎えられなかったら
来年の準備をしたほうがよさそうです。

今年の6月初旬から準備と下調べ。
頭のなかは夢のような光景が。
ゆらゆら 揺らぐ水草や浮草。
ひょいっと 顔を出したメダカがすーいすい。

生き物を育てる環境作りなのに、涼し気で癒されることばかり・・
初心者にありがちですね。。
来年ちゃんと達成できるよう地道に勉強したほうが良さそうです。


☆ダメだったことをメモを残そうと思います。
・ビオトープの準備やメダカちゃん参加は春から
・ベランダビオトープのルールは?環境を知らねば
・姫スイレンはなぜ咲かなかった?
・増えて困るほど丈夫なホテイアオイが枯れた(TДT)



これまでに参考にしたサイト
メダカビオトープノートパソコン作り方
https://happamisaki.jp-o.net/biotope/biotope1.htm
ビオトープのつくりかた
https://bio.kamujp.com/
スイレンの育て方
http://www.komeri.com/howto/html/00930.html
メダカを飼う時期
http://tora15433.com/archives/10568952.html
暑さ猛暑の管理
http://tora15433.com/archives/10568952.html







44919-1.jpg
こちらはビオトープ用品も豊富に揃っているチャームさんのサイトの写真
ビオトープについてはこーんな素敵な鉢を夢見ていたのに。。





猛暑にベランダビオトープ・・甘く見ていた。




   







 ビオトープの準備やメダカちゃん参加は春から。

あきらめない、あきらめたくない。
いろいろやってみた
だけど、毎日の灼熱地獄の中、ほかに何ができよう!?
救いを差し伸べてくれる記事に出会いました。
”メダカをビオトープに放すのに最適なのは5月”

そうだ。
メダカには卵を産む時期があるんだもの。それに合わせるのが当たり前。
無理はかわいそう。
今残っている水草などがそのまま冬を越せるかを考えよう。







 ベランダビオトープのルールは? 環境を知らねば



IMG_3500.JPG
うちは最初に16インチの睡蓮鉢を購入。
最初は値段が高くてもかっこいい陶器の鉢にあごがれたのだけど
庭に設置するのじゃないし。
ベランダだと移動する可能性があり、重いのは手に負えないことも・・
とのことでプラ製にした。
安い鉢でスターターキットとしても。





この鉢に一旦姫スイレン、浮草などを設置。
水は日に当ててカルキ抜きを一応したくらいで、けっこうアバウトに。
試行錯誤と思い、、
 
数日後、びっくりしたことにぜっかく園芸店で購入した
姫スイレン(花のつぼみ2つあった)のつぼみがあっという間に枯れてしまった。
2つともでかなりショック(;ω;)
週末ドライバーならぬ、週末園芸活動では対処が間に合わなかった。
かわいそうなくらい、葉っぱも枯れてきて(;-ω-)


あとで調べてわかったことですが(たぶん)
スイレンの根の部分と水面までの水の深さが10センチ以下になっていたから?
スイレンの根っこは太陽に当たりつつ、水の中10センチ~15センチがよい。
深さのある鉢に替えるか、スイレンを鉢ごと入れているので
スイレンの根の位置を低くするようにスイレン鉢植え替えるか。

最初に購入した鉢は思ったより小さかったので、大きいプランターを購入。




IMG_3503.JPG
まだ元気だったホテイアオイ。
姫スイレンの花のつぼみはなくなって葉っぱだけに。






2個使いで後から購入したプランターにスイレン鉢を中心に設置し直し。
あと、最初の鉢の時、底の砂とか土のことを忘れちゃっていた(ありあわせで済ませた)(ΦωΦ)
ので、新たに砂利を購入して入れました。
ここけっこう重要◎

初心者にはわからないことだらけ( ゚Д゚)ハァ?
全部水まで張ってしまったら、やり直すの大変。。
なんの土を入れるか、砂・砂利にするかは育てたい生体にもよるようなんですが
水が濁るか、メンテナンスのしやすさ、バクテリアの発生(エサ、環境)など
関わってくるんですよね。
(何がいいとか、いろいろ書いてあって難しい。何に対していいの観点もあるか)


私の練習ビオトープは猛暑になってきてしまったこともあって
とりあえず調べながら、メダカを迎える場合は再度環境を整えようと思っていました。
要はそれどころじゃない気象状況で(;ω;)



IMG_3508.JPG
あんあんが興味津々。









 姫スイレンはなぜ咲かなかった?

スイレンの花は実はけっこう咲かせるのが難しいのだとか。
咲いている鉢を買うのも一手かも(初年度)
私の場合は、深さが足りなかったというほかに
悩んでしまったのが6月下旬くらいの猛暑前。
姫スイレンの花を咲かせるには直射日光が必要。
他の多数の水草やメダカには午前中日光があたり半日は直接あたらないほうがいい。
こーいうのベランダでどうしたらいいの?と
ひとまず「すだれ」のサイズ違いをいくつか買ってきた。

しかーし、途中で気づいたが、直射日光よりも強敵がベランダにはいた。
次で一緒に書きます。








 増えて困るほど丈夫なホテイアオイが枯れた(TДT)


IMG_3581.JPG
ほとんどなくなった水草&浮草(TДT)ハ
無残。。



sui.jpg
上から。
かろうじてスイレン鉢は残っているけど
購入時より葉っぱも小さくひょろひょろ。スカスカ。



ao.jpg
ホテイアオイは熱を伝えにくいという発砲スチロールへ避難(遅すぎた)。
ほとんど茶色になって枯れてしまっている。
茶色くなって枯れているが、実際は腐っているようにぐにゃぐにゃ。




××強敵。
それはエアコン室外機の熱風と、コンクリート床の熱(照り返し)。
ベランダビオトープの環境を知れ!ですねー
試行錯誤しているうちに、台風だ、連続猛暑日だと体力を奪われる日が続き
このような問題をクリアしたとしても季節が秋になっていそう・・ということに気づいたわけです。

無理くりお仲間に入れてメダカさんにかわいそうなことしてしまってはいけない。
うちのベランダの環境。
室外機がベランダから外向きではなく、ベランダ内向き(;ω;)
取付位置の関係で、ベランダの真横に設置され、ベランダ内に排気される。


全力で植物や睡蓮鉢に向かって猛風が(TДT)



ねこは熱風の当たる前にごろんしたり(ΦωΦ)
クーラー嫌いなのね。うちはうさ優先。

コンクリート床は、発砲スチロールの上に置くとか対策はできる。
「室内で」という選択もないではない。
でも無理せず来年、なんとかがんばりたい(*'▽') 



今年は完成させられませんでしたがうちのあんあんはとても喜んでました。
猫窓から見るベランダの水辺は気に入ってくれたよう。
毎朝、「外に出る」大騒ぎ。






 まだあきらめません



IMG_3599.JPG

憩いのためにもミニミニ水辺をお部屋につくりました。
益子焼の水辺に苔玉益子焼添え。
けっこう満足できます(笑)


















共通テーマ:blog
pagetop